FC2ブログ
2019_02
21
(Thu)20:00

蓬莱人形考察

黄色は初版蓬莱人形ブックストーリーから引用
緑色は普及版蓬莱人形ブックストーリーから引用
水色は他文献からの引用

断定口調で書いてますが、此処に書かれていることは全て妄想です。
























・人間と妖怪の歴史

それは人間と妖怪の新しい関係だった
↑↓
こうして、人間と妖怪の新しい歴史は築かれていた
妖怪は力の無い人間を”狩って”、人間がそれに気づくことはない。暗々裏に結ばれた一方的な関係。

一方で、永夜異変では人間と妖怪が一緒になって異変解決へと向かう。しかし当然、妖怪とペアになった人間は最早妖怪と区別がつかなかった。
人間も居るんですけどね。
  まぁ、ここまで来ると妖怪としか言い様がないか。

(東方永夜抄 おまけtxt 東方妖怪小町)
幻想郷は、多くの妖怪たちと僅かばかりの人間の楽園であった。 
この楽園は、人類が滅びるか人間に発見されるまで楽園のままなのだ。

(幻想郷風土記)
もちろん、楽園(Paradise)という言葉は、普通の人間に向けられた言葉ではない。偽りの楽園。
今の東方のイメージとは少し離れている。











鳥人間と霊夢

さて、お次は鳥人間の登場だよ。 この鳥人間、なんと人間と、遥か南の国にしかいない世にも珍しい、ゴクラクチョウとの間に生まれた子供だよ。親はとっくに死んじまって、可哀そうな孤児だったのを、うちの劇団で助けてあげたって訳だ。 えらいだろう?
極楽鳥の英名は「Bird of Paradise」。楽園の鳥。
とすると、人間とのハーフは「楽園人間」≒「幻想郷空を飛ぶ人間」
でも多分、「極楽鳥との間に生まれた子供」は見世物のための脚色だろう。「孤児」なのは本当だっただろうが。
霊夢は捨て子だった。(魔理沙談)

 魔理沙「出てきたぜ。赤いのはあんたには完敗だそうだ。代わりに親が相手してやるぜ」
 「……親って何よ。どう見ても親子じゃないでしょ!」
 魔理沙「あいつは捨て子だったんだよ」

 (東方香霖堂 2話 幻想郷の巫女と十五冊の魅力 後編)

 魔理沙「冬眠たって、ただ出て来なくなるだけだろう? どこに住んでるんだかわからないんだから。
  本当は、南の島にバカンスに行ってるだけかもしれんぜ」
 霊夢  「そうねぇ。ところで南の島って……どこ?」

 (東方香霖堂 11話 紫色を超える光)

霊夢の出自についてはコチラもどうぞ
 

・プリズムリバー姉妹

楽園は、僕らが住むにはちょうど良い建物を用意してくれた。
森の奥にある古びた洋館は、いつでも僕らを受け入れてくれる。

今日あった出来事といえば、森の廃洋館のある方から歩いてくる美しいブロンドの少女に遭ったこと位ね。
「廃洋館」は、レイラ・プリズムリバーとプリズムリバー三姉妹が一緒に暮らしていた場所。(ZUN氏からの回答メール
今でもプリズムリバー三姉妹が住み着いている。正直村の彼らには、彼女たちの姿が見えなかったのだろうか、それとも。
そもそも、道の無い森の中に洋館が建ってるだけでも不思議なのだ。あそこに住んでいた彼女は滅多に街に出てこない。でも、最近、彼女の娘らしき人を見た。 何で娘って分かったか? そりゃ、あれだけ幼少時代の彼女に似ていれば...」 
森の中の洋館は廃洋館のこと。廃洋館は霧の湖の近く、紅魔館とは少し離れた場所に存在する(求聞史紀より)
そこに住んでいたのはレイラ・プリズムリバーで、
「彼女の娘」はレイラが自らの記憶から生み出した騒霊(プリズムリバー三姉妹)のこと。
騒霊なので、人間のように老いることはない。レイラが生きていた頃の話。





・紅霧異変 ~Red Secret

楽園の巫女は、いつもと変わらない平和な夏を送っていた。

幻想郷は、予想以上に騒がしい日々をおくっていた。
 謎の来訪者に、夏の亡霊も戸惑ってるかの様に見えた。

 そんな全てが普通な夏
 辺境は紅色の幻想に包まれた。

(東方紅魔郷 バックストーリー)

蓬莱人形と東方紅魔郷の時間軸はほぼ同じだと考える。
一度に複数の人間が幻想郷に迷い込んでくるのは珍しい出来事だったが、楽園の巫女にとって大した事ではなかった。
紅霧異変が起こったのは、そんな事件が終結した直後である。





・紅魔館の一日

館は無駄に広く、それでいて単調な色調のため、全体像はなかなか掴めない。
迷い込んだ招かざるお客様が何処かに落ちていても、分からない。
先に誰かに発見されて消されていても、分からない。

(東方妖々夢 おまけ.txt 十六夜咲夜)

夜、六人は異国風のパーティを開催した。最も幼い僕はまだお酒も阿片も飲めなかったのでひどく退屈だったんだ。
僕は一人でこっそりその場から抜け出したんだけど、暗闇で不吉なピエロに捕まってしまったんだ。僕は、あっさり首を切られた。もう退屈することも二度と出来なかった。


咲夜は優秀な掃除係
おかげで、首一つ落ちていないわ

(東方紅魔郷 レミリア・スカーレット)

正直村の人々は住処(廃洋館)の近くに大きな洋館があることに気がついた。彼らは招待状もなしにその洋館(紅魔館)に侵入し、パーティを開いた。食料がわざわざ喰われにやってきたようなものだ。

目が覚めたら僕ら五人は暗闇に居たんだ。一人の言うことには、僕らは謎のピエロにさらわれたらしい。四人は幼稚な脱出計画を立てている。最も聡明な僕は、止めとけばいいのにと見ていたがとうとう口に出さなかったのだ。
四人の予定通り計画は実行され、一人の予想に反し成功に終わったんだ。そして僕は永遠に逃亡出来なかった。
永い暗闇の中で暇を潰していると、すぐに後ろに気配を感じたが、身を任せた。熱いものが背中を伝った。


日光が邪魔だからよ
お嬢様、冥い好きだし

(東方紅魔郷 十六夜咲夜)
彼女は小食だったので、一人分の血さえあれば十分だった。何故か逃げようとしなかった人間が一人だけいたので都合が良かった。






・アリスと究極の人形

ああ、あの人形、どうにかして早く捨てたいのに。
 だって、あの蒼い目。時折黒い鴉がくわえて持ってっちゃうのよ? あの目は本物の目よ。
 いつも、私が新しい目を入れるんだから。


貴方、人形にわざわざ眼を入れているよね?人形には見えているの?
(東方緋想天 鈴仙・優曇華院・イナバ アリス・マーガトロイド)

緋想天の立ち絵から判断すると、アリスの人形の目の色は蒼である。



「一体何に忙しいのかね。やっぱり悪い事しているのかね」

「君は……雨を降らせたりする為に人形を操って……」
  「何よ」

(東方緋想天 レミリア・スカーレット アリス・マーガトロイド)


雨が止まない。
私がこの家に迷い込んでから、一度も太陽を見ていない。
もう何日経つんだろう。
人形はしきりに話し掛けてくれる。
僕は、人形の首をはねた。 雨が止んだかの様にみえた。

 操られた人間が究極の人形なのかどうかは、定義の仕方による。


「藁人形が釘で打たれれば、類似の元も痛みを感じる。
この事実をもっと良く調べれば、私の目標である自立して動く人形の作成に一歩近づけると思うの」

(東方文花帖 p26)

すぐ近くで木に釘を打つような音が響いていたんだ。一体どっちの仕業だろう?暗闇の中恐怖に顔が歪む。音に合わせ僕の手足が痛む。まるで五寸もある釘で打たれたかのようだったんだ。

アリスにとって、普通の人間はただの材料か、研究対象に過ぎなかった。






・〇〇の上に咲く桜

あの桜の木の下には、今も*が眠っているのだろうか。
あんなに紅くなった花びらが、年々、薄くなっていく。
もう、土の中には何も残っていないのかも知れない。


知ってるか?
香霖堂の裏の桜が異常に白くなっているぜ。
あれの方が危険な異変の様な気がするんだ。

(東方花映塚 魔理沙)

ーカラン
くなっているわ」
「いらっしゃ...」
扉が開いた音がしたのに、何故か店の入り口には誰も居なかった。

(東方香霖堂 p94 無々色の桜)

香霖堂は幻想郷の中心に位置している。その桜は以上に白く、博麗神社の紅い桜とは対照的である。
幻想郷の中心に、一体何が埋まっていたのだろうか。
ちなみに、博麗神社の桜の下にも何かが埋まっているらしい(紅魔郷ED)。50年もの。
おそらく博麗大結界が張られた時のものだろう。





・幻想郷から消えたアヘン

ちなみに何で上海紅茶館という曲名かというと、
紅魔郷は開発当初は東方紅茶館というタイトルだったから。
ストーリーが固まったらゲームのタイトルが変わっちゃったけど。

(東方文花帖  幻想の音覚 上海紅茶館)

【 博麗霊夢の休日 】
 STGの自機である霊夢はいつでも空を飛べます。
 テーマは「煙草と阿片は吸いすぎに注意」
 身に覚えのある方は、今すぐにやめるよう(ぉ

 (蓬莱少女繪幻想)

幻想郷では紅茶や珈琲といった嗜好品はメジャーである。
異国の文化を持ち込む妖怪や、自然と流れ着いた道具や本などによって定着していった。
幻想郷は空間は閉鎖的でも、精神は国際的なのだ。

(東方香霖堂 完全で瀟洒なティータイム 前編 霖之助)

東方原作では、蓬莱人形以降に「阿片」についての描写は一度も出てこない。
これは、東方紅魔郷での幻想郷内での時間軸が、開発当時に大きく変更されたからだと考えられる。
「東方紅茶館」というタイトルの時に想定されていた、幻想郷の外の世界の時代が正に“明治十七年"ごろだったと考える。
(そうすると、紅魔館(紅茶館)から出ていた紅い霧も、もともとは阿片の煙だったのでは)
だから、蓬莱人形のブックレットには阿片が登場するし、紅魔郷以降と比べてもストーリーの内容に違和感がある。

少し違う解釈をすると、初版蓬莱人形のストーリーは明治、博麗大結界が張られた頃の幻想郷の出来事だった、と考えることができる。
はじめにあった明治の頃の幻想郷のイメージや設定が、紅魔郷以降の設定にも受け継がれていったのかもしれない。






・お掃除メイド

メイドさんを描いてみました。なんでって、色々(ぉ
どうも、メイドと言うと暗い室内で監禁されてるイメージがある(いや、嘘じゃないけどさ)
そういう場所でも割と自由にやってる雰囲気を出したかったのですが。

蓬莱少女繪のページ お掃除メイド

・蓬莱少女絵の「お掃除メイド」という絵。
 奥の部屋に首吊り用の縄が薄っすらと見える。
 奥に掛かっている紅い絵は紅魔館だろうか。

 咲夜:で?あなたもこの館に雇われたのかしら?
 魔理沙:ああ、そうでもいいな。
 咲夜:でも、あんたじゃ掃除も出来そうに無いわね。

 (東方紅魔郷 霧雨 魔理沙ルート 十六夜 咲夜)


スポンサーサイト



どうも   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント