FC2ブログ
2018_02
23
(Fri)15:17

幻想音楽旅行


Easy 気軽に幻想旅行



姫神(姫神せんせいしょん) ☆神主のお気に入り音楽家
対象:東方旧作~

神主が作曲を始めるきっかけとなったアーティストです。
曲名からフレーズまで、特に旧作~三部作あたり全体にリスペクトを感じます。
後半期はワールドミュージックかつニューエイジな音楽。前半はジャズフュージョン風味で良い。
個人的にはグループ名が「姫神せんせいしょん」の時のアルバムの方が好き。
コチラもどうぞ

おすすめ:アルバム「姫神せんせいしょん」、「奥の細道」、「姫神伝説」


松居慶子 ☆神主のお気に入り音楽家
対象:東方幻想的音楽~

東方のジャズ風味のピアノ(?)はここから?と思うくらい、影響を感じます。
良い感じに、(東方的に)妄想ができる曲が多いので、なかなか面白い......たぶん。ダンス系?

おすすめ:アルバム「Sapphire」「Dream Walk」











Normal  それでも足りない人向け



Secret Garden ☆神主のお気に入り音楽家
・対象:東方幻想的音楽~

「You Raise Me Up」で超有名な音楽家ですね。
何処か、懐かしい感じがする曲がいくつかあります。よくよく聴いてみると……?

おすすめアルバム:「Dawn of a New Century


東儀秀樹
対象 東方花映塚、卯酉東海道

イメージは「日本」。ちょうど対象の2作も「日本」が一つのテーマになってます。
具体的には「空と海と」や「異郷の風」(どちらも、タイトルにパワーがありますね)ですが、他にも色々。
篳篥にピアノ、なんともいえないシルクロード感が。

おすすめ「TOGISM 2001












Hard  幻想の片鱗



上々颱風
対象:東方紅魔郷

何とも言えない亜細亜感。曲全体のイメージはずばり「紅」(紅魔郷ありきは承知で)
楽団の名前は紅美鈴のスペルカード「極彩颱風」の元ネタ?になってますね。
具体的な例をもう一つ挙げると、「八十日間亜州一周」というアルバムの「酔いどれ」という曲
(いかにも、アルコール度数が高そうな曲名ですね) は紅魔郷のエンディング曲
「紅より儚い永遠」のサビフレーズの元ネタになっています。
あと、紅魔郷といえば「愛があるから大丈夫」。

おすすめアルバム「八十日間亜州一周」「愛があるから大丈夫」


服部克久 ☆神主のお気に入り音楽家
対象:東方旧作~東方三部作

妙にスッキリとしたメロディと、全体的にゆったりとしたテンポが印象的。
ときどき、急に現れる旋律にドキッとしたり。でも健康的で、むしろ真っ白なイメージの曲が多い。
霊夢か魔理沙か、だったら絶対に霊夢でしょうね(何の比較?)
あと服部克久といえば、北斗の拳の「パープルアイズ」も好き。……ああそうそう、北斗の拳といえばr(略
コチラもどうぞ

おすすめ:アルバム「音楽畑17」「音楽畑7」「音楽畑19」










Lunatic 幻想の残り香



聖飢魔Ⅱ
対象:東方紅魔郷~東方風神録等

 東方でロックといえば、聖飢魔Ⅱ(もちろんウソ)
 「メイドと血の懐中時計」や「信仰は儚き人間の為に」など、東方で金属分が多い曲では元ネタになっていたりします、多分。
 さて、この曲の二人の共通点って何でしょうか?考えてみると、まだ他にもいろいろと見つかる気がするんですが......。

おすすめアルバム『1999 Black list「本家極悪集大成盤」


難波弘之
対象:卯酉東海道等

プログレ・ロックな音楽。mixi関連で難波弘之の曲「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」は知ってる方も多いと思います。
絶妙な本人のボイスとドラムの軽快なリズムの掛け合わせが大好きです。個人的に。
何度も聞いていると、(スパイス的な意味で)微かに某かの風を感じますね。

おすすめアルバム:「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」「飛行船の上のシンセサイザー弾き」
















Extra 楽園の地




せんせいしょん
対象:???

姫神せんせいしょん解散時“姫神”星吉昭が言い残した言葉。

「自分は“姫神”をやる。お前は“せんせいしょん”をやれ」

それから27年。
姫神せんせいしょんから派生したもうひとつの“姫神”「せんせいしょん」が再起動。

姫神せんせいしょん時代の曲を自らカバー。
古きよき姫神がここに。

(せんせいしょん official web siteより(現在リンク切れ))

せんせいしょんが2008年に発売した「桃源郷」というアルバムを神主は聴いたことがあるのだろうか。
もしそうだとしたら、いくつも思うところがあったと思う。
姫神せんせいしょんの血は、確実に東方にも受け継がれていた。それを強く実感できるアルバムである。
特に「ウスユキ草」という曲、是非聴いてみて欲しい。


おすすめ:アルバム「桃源郷


スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント